コウメ

小さな(ちいさな)()のなるウメ

コウメの特徴(とくちょう)

ウメの(いち)変種(へんしゅ)で、落葉(らくよう)(しょう)高木(たかぎ)です。2~3月(さんがつ)ごろ直径(ちょっけい)2センチメートルほどの白い(しろい)香り(かおり)良い(よい)(はな)咲かせ(さかせ)ます。果実(かじつ)直径(ちょっけい)1センチメートルくらいと小さく(ちいさく)梅漬け(うめづけ)など食用(しょくよう)にされます。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ5~10m、直径(ちょっけい)20~30㎝になります。

()

新しい(あたらしい)緑色(りょくしょく)(えだ)互い違い(たがいちがい)()がつきあます。()(なが)さは4~9㎝で楕円(だえん)(がた)で、先端(せんたん)(きゅう)狭く(せまく)なり尖り(とがり)(えん)はギザギザとしています。両面(りょうめん)ともにわずかな()があります。

(はな)

2~3月頃(つきごろ)()展開(てんかい)(まえ)開花(かいか)します。前年(ぜんねん)(えだ)直径(ちょっけい)2~3㎝の(はな)が1~3()ずつまとまって咲き(さき)ます。(はな)にいい香り(かおり)があり、ふつうは白色(はくしょく)(いち)(じゅう)です。ウメよりは雄しべ(おしべ)多く(おおく)花粉(かふん)(よう)()として植え(うえ)られることがあります。

()

6(つき)ごろに、()緑色(りょくしょく)直径(ちょっけい)は2~3㎝のほぼ球形(きゅうけい)()がなります。表面(ひょうめん)にはビロード(じょう)()密生(みっせい)します。(なか)(かく)堅く(かたく)扁平(へんぺい)楕円(だえん)(がた)無数(むすう)小さな(ちいさな)(あな)開い(ひらい)ています。
ウメより(かく)薄く(うすく)()がなりやすく、その()の「コウメ」のように果実(かじつ)小さい(ちいさい)のが特徴(とくちょう)です。

(みき)

(みき)樹齢(じゅれい)重ねる(かさねる)樹皮(じゅひ)(たて)粗く(あらく)裂け(さけ)ます。樹皮(じゅひ)(くら)灰色(はいいろ)だが(ざい)暖色(だんしょく)(けい)で、()細かく(こまかく)硬い(かたい)です。新しい(あたらしい)(えだ)緑色(りょくしょく)でほとんど()はなく、ルーペで見る(みる)白っぽい(しろっぽい)細かい(こまかい)(てん)無数(むすう)にあります。

(ひと)との関わり(かかわり)

現在(げんざい)コウメは()食用(しょくよう)とされ、台湾(たいわん)(さん)多く(おおく)輸入(ゆにゅう)されています。実は(じつは)小さい(ちいさい)ため収益(しゅうえき)にはなりにくいようですが、梅干し(うめぼし)など広く(ひろく)流通(りゅうつう)しています。
また、ウメの(なか)でも花粉(かふん)多い(おおい)ため花粉(かふん)(よう)()として植え(うえ)こまれていることもあります。

名前(なまえ)由来(ゆらい)

コウメはウメの(いち)品種(ひんしゅ)です。
コウメについては松岡(まつおか)(げん)(たち)の『(うめ)(ひん)』に記録(きろく)があり、()丸く(まるく)(かく)脆く(もろく)小さい(ちいさい)けれど果肉(かにく)多い(おおい)というような内容(ないよう)表記(ひょうき)()られます。

その他(そのた)情報(じょうほう)

現在(げんざい)、コウメとして取り扱わ(とりあつかわ)れている品種(ひんしゅ)(つぎ)のものがあります。
甲州(こうしゅう)最小(さいしょう)(1つの実は(じつは)平均(へいきん)3.05g)
甲州(こうしゅう)深紅(しんく)(1つの実は(じつは)平均(へいきん)5.5g)
甲州(こうしゅう)()(ねつ)(1つの()平均(へいきん)4.80g)
竜峡(りゅうきょう)小梅(こうめ)(1つの()平均(へいきん)1.95g)
小梅(こうめ)(1つの()平均(へいきん)4.25g)

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

6月(ろくがつ)(ごろ)、ウメエダシャクがヒラヒラと(まち)(ちゅう)飛び(とび)かいます。
(えだ)にはタマカタカイガラムシがびっしりつくことがあり、それを食べ(たべ)にアカホシテントウというテントウムシがやってきます。

コウメの()られる場所(ばしょ)