イチモンジチョウ

白い(しろい)(もん)一文字(ひともじ)並ぶ(ならぶ)チョウ

  • こげ茶色(ちゃいろ)のはねに、白い(しろい)(もん)がVの()見える(みえる)
    千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.5.13

  • シンプルな装い(よそおい)で、すっきりしている。
    茨城(いばらき)(けん)つくば() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.9.16

  • (おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)(みどり)(からだ)赤い(あかい)トゲトゲ。
    千葉(ちば)(けん)東金(ひがしかな)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2006.7.15

イチモンジチョウの特徴(とくちょう)

こげ茶色(ちゃいろ)のはねに白い(しろい)一文字(ひともじ)模様(もよう)持つ(もつ)タテハチョウ。ふ化(ふか)した幼虫(ようちゅう)()(さき)移り(うつり)()食べ(たべ)ながらフンを(からだ)につけていきます。(おわり)(よわい)幼虫(ようちゅう)はトゲトゲがいっぱいで迫力(はくりょく)満点(まんてん)
   
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)45~55mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はスイカズラ()(スイカズラ、タニウツギ、ニシキウツギなど)の() 成虫(せいちゅう)(はな)(みつ)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

イチモンジチョウの()られる()

イチモンジチョウの()られる場所(ばしょ)