ヒラアシハバチ

行儀(ぎょうぎ)よく()並ぶ(ならぶ)イモムシ軍団(ぐんだん)

  • 幼虫(ようちゅう)集団(しゅうだん)でお(しり)持ち上げ(もちあげ)て、()食べ(たべ)ている。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2011.11.3

  • 幼虫(ようちゅう)(かお)は、つぶらな(ひとみ)でカワイイ。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2015.9.29

  • 幼虫(ようちゅう)(かお)をあわせて、こんにちは!
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.6.10

  • ハバチの幼虫(ようちゅう)をねらって、寄生(きせい)バチがやってきた。
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.9.29

ヒラアシハバチの特徴(とくちょう)

ハバチの仲間(なかま)幼虫(ようちゅう)()食べ(たべ)ます。ヒラアシハバチの幼虫(ようちゅう)()のふちに並ん(ならん)で、ハンノキなどの()食べ(たべ)ます。幼虫(ようちゅう)は、(あたま)黄色(きいろ)(からだ)()緑色(りょくしょく)黒い(くろい)点々(てんてん)があり、お(しり)(うえ)持ち上げ(もちあげ)そっくり返る(そっくりかえる)姿勢(しせい)をとります。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)(やく)9mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はハンノキ、ケヤマハンノキ、ヤシャブシなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき)(なつ)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)

ヒラアシハバチの()られる()