キアシドクガ

ときに(だい)発生(はっせい)白色(はくしょく)(はん)透明(とうめい)のきれいなガ。

  • あしが黄色い(きいろい)
    新潟(にいがた)(けん)十日町(とおかまち)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.6.5

  • はねは(はん)透明(とうめい)美しい(うつくしい)
    新潟(にいがた)(けん)十日町(とおかまち)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.6.5

  • 幼虫(ようちゅう)は、黒地(くろじ)黄色(きいろ)模様(もよう)長い(ながい)()生え(はえ)ている。(どく)はない。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.5.17

  • 粗い(あらい)(いと)包ま(つつま)れた黄色(きいろ)(くろ)のきれいな(さなぎ)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.5.6

  • 羽化(うか)寸前(すんぜん)(かお)とあしが見え(みえ)ている。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.5.14

キアシドクガの特徴(とくちょう)

はねは白色(はくしょく)(はん)透明(とうめい)。あしは黄色く(きいろく)名前(なまえ)由来(ゆらい)になっています。昼間(ひるま)に、ヒラヒラとよく飛び(とび)白い(しろい)チョウのように見え(みえ)ます。しばしば(だい)発生(はっせい)し、ミズキの()食べ(たべ)つくしてしまいます。ドクガの仲間(なかま)ですが、(どく)はありません。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)42~48mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はミズキ、クマノミズキなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~6(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

キアシドクガの()られる()