アゲハモドキ

黒い(くろい)アゲハチョウに化け(ばけ)たガ

  • はねはグレーがかった(くろ)
    千葉(ちば)()(みどり)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2016.8.16

  • 幼虫(ようちゅう)白い(しろい)()見える(みえる)が、()ではなくロウ物質(ぶっしつ)
    兵庫(ひょうご)(けん)宝塚(たからづか)() / 撮影(さつえい) KeikoO / 2017.9.30

アゲハモドキの特徴(とくちょう)

はねは黒っぽく(くろっぽく)(こう)ばねに赤い(あかい)(もん)としっぽのような()(じょう)突起(とっき)があるガ。黒い(くろい)アゲハチョウにそっくり!(どく)をもつジャコウアゲハに擬態(ぎたい)していると言わ(いわ)れていますが、ジャコウアゲハよりは小さい(ちいさい)です。幼虫(ようちゅう)は、フワフワの白い(しろい)ロウ物質(ぶっしつ)におおわれています。
   
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)55~60mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はクマノミズキ、ミズキ、ヤマボウシ、ハナミズキなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

アゲハモドキの()られる()