チャバネアオカメムシ

ちょっと臭い(くさい)()緑色(りょくしょく)のカメムシ

  • (みどり)(からだ)茶色(ちゃいろ)のはね。アケビの()吸っ(すっ)ている。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.7.10

  • (ふゆ)越し(こし)茶色(ちゃいろ)のカメムシ。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.3.11

  • 幼虫(ようちゅう)(いろ)模様(もよう)はいろいろで、バリエーションに富む(とむ)
    撮影(さつえい) MasakoT

  • (たまご)。ふたが開い(ひらい)幼虫(ようちゅう)()てくる。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.8.24

チャバネアオカメムシの特徴(とくちょう)

きれいな()緑色(りょくしょく)で、はねが茶色い(ちゃいろい)カメムシ。(あき)深まる(ふかまる)と、茶色(ちゃいろ)っぽい(いろ)変身(へんしん)します。いろいろな()やって来(やってき)ますが、幼虫(ようちゅう)はスギやヒノキなどのタネを吸っ(すっ)成長(せいちょう)することが多い(おおい)ようです。(まち)(ちゅう)でもよく見かけ(みかけ)ます。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)10~12mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにさまざまな()(100(しゅ)以上(いじょう))の()(しる)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)全国(ぜんこく)

()られる()