セグロセキレイ

(くろ)(しろ)(からだ)(しょく)目立つ(めだつ)(とり)

  • (あたま)から背中(せなか)黒色(こくしょく)
    写真(しゃしん) / 2022.1.7 千葉(ちば)(けん)千葉(ちば)() TomokiN

  • 写真(しゃしん) / 2021.11.13 新潟(にいがた)(けん)長岡(ながおか)() TomokiN

特徴(とくちょう)

町中(まちなか)にも普通(ふつう)にいるハクセキレイと比べ(くらべ)水辺(みずべ)にいることが多い(おおい)です。 田んぼ(たんぼ)河原(かわら)などの水辺(みずべ)歩き(あるき)水生(すいせい)昆虫(こんちゅう)()(しょく)します。 ハクセキレイとの見分け(みわけ)(かた)は、 (かお)模様(もよう)で、 ハクセキレイと比べる(くらべる)黒い(くろい)部分(ぶぶん)異なり(ことなり)ます。 また、 ハクセキレイに比べ(くらべ)(ほん)(たね)は「ジュジュッ」と濁っ(にごっ)(こえ)鳴き(なき)ます。

大き(おおき)さ : 21cm
食べ物(たべもの) : 水生(すいせい)昆虫(こんちゅう)など
()られる時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​