オオヒラタシデムシ

シデムシは自然(しぜん)(かい)掃除屋(そうじや)さん

  • 地面(じめん)歩き(あるき)まわる。
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.5.6

  • 交尾(こうび)をしている成虫(せいちゅう)幼虫(ようちゅう)幼虫(ようちゅう)細長い(ほそながい)
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.9.12

  • ()(うえ)ではあまり見る(みる)ことはない。
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.7.3

  • カエルの死骸(しがい)集まっ(あつまっ)ている。
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2015.5.8

オオヒラタシデムシの特徴(とくちょう)

黒っぽく(くろっぽく)(ぜん)ばねに(たて)すじがある大きな(おおきな)シデムシ。平地(ひらち)から山地(さんち)まで普通(ふつう)生息(せいそく)し、市街地(しがいち)公園(こうえん)でも()られます。地表(ちひょう)暮らし(くらし)生き物(いきもの)死骸(しがい)などを食べ(たべ)て、自然(しぜん)にかえす役割(やくわり)をもっています。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)18~23mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)動物(どうぶつ)死骸(しがい)腐っ(くさっ)植物(しょくぶつ)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~10(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)