ヤブミョウガ

ミョウガによく()てるけど、まったく別もの(べつもの)

  • ()中央(ちゅうおう)から()長い(ながい)花茎(かけい)(すう)(だん)白い(しろい)(はな)がつく。
    茨城(いばらき)(けん)つくば() / 撮影(さつえい) htanaka / 2022.8.4

  • ()はミョウガによく()ていが、ミョウガと違っ(ちがっ)てざらつく。
    茨城(いばらき)(けん)石岡(いしおか)() / 撮影(さつえい) htanaka / 2019.7.7

  • (はな)には6(まい)白い(しろい)(はな)()(へん)があり、雄花(おばな)両性(りょうせい)(はな)がある。
    雄花(おばな)には6(ほん)長い(ながい)雄しべ(おしべ)があり、(はな)(そと)突き出し(つきだし)黄色い(きいろい)葯が目立つ(めだつ)
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) htanaka / 2022.8.5

  • 両性(りょうせい)(はな)雌しべ(めしべ)長く(ながく)(はな)(ばしら)(はな)から突き出る(つきでる)
    (はな)終わる(おわる)果実(かじつ)育つ(そだつ)が、長い(ながい)(はな)(ばしら)残る(のこる)
    千葉(ちば)(けん)昭和(しょうわ)(もり)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.7.17

  • 若い(わかい)果実(かじつ)(しろ)から緑色(りょくしょく)になる。
    千葉(ちば)(けん)昭和(しょうわ)(もり)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.8.1

  • 果実(かじつ)直径(ちょっけい)(やく)5㎜で、初秋(しょしゅう)には(あお)紫色(むらさきいろ)黒く(くろく)熟す(じゅくす)
    千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.9.15

  • 種子(しゅし)果実(かじつ)球面(きゅうめん)沿っ(そっ)並ん(ならん)でいて、ばらばらになると(なが)(やく)2㎜で不定(ふてい)(がた)
    千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.9.15

  • 長い(ながい)地下茎(ちかけい)(よこ)這っ(はっ)増える(ふえる)ので、暖地(だんち)林内(りんない)群生(ぐんせい)する。
    千葉(ちば)(けん)昭和(しょうわ)(もり)公園(こうえん) / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.7.17

ヤブミョウガの特徴(とくちょう)

()がミョウガによく()ていて林内(りんない)のやぶ()などうす暗い(くらい)ところに生える(はえる)のでヤブミョウガと()がつきました。しかし、ショウガ()のミョウガとは(はな)構造(こうぞう)(はな)がつく位置(いち)全く(まったく)ちがって、異なる(ことなる)植物(しょくぶつ)です。
うす暗い(くらい)(なつ)(はやし)(なか)白い(しろい)(はな)群れ(むれ)咲き(さき)(あき)()もつややかできれいです。
  
タイプ:ツユクサ()多年草(たねんそう)
大き(おおき)さ:(たか)さ 50-100cm、(はな)の径7~10mm、()(なが)さ10~30cm
(はな)時期(じき):8-9(つき)
生育(せいいく)場所(ばしょ)暖地(だんち)林内(りんない)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)(関東(かんとう)以西(いせい))、四国(しこく)九州(きゅうしゅう) 中国(ちゅうごく)

体験(たいけん)遊び(あそび)

初夏(しょか)()開き(ひらき)切ら(きら)ないうちに(くき)ごと採取(さいしゅ)し、塩ゆで(しおゆで)して、おひたしやサラダ、あえ物(あえもの)(あぶら)いためなどで食べ(たべ)られます。柔らかい(やわらかい)(くき)薄皮(うすかわ)をむいて生食(せいしょく)もできるそうです。