キツネノマゴ

小さな(ちいさな)ピンク色(ぴんくいろ)(はな)がかわいらしい

  • 路傍(ろぼう)にひっそり小さな(ちいさな)ピンク(はな)咲かせる(さかせる)
    この(はな)見る(みる)(あき)がそろそろやってくると感じる(かんじる)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

  • (しも)(くちびる)ピンク色(ぴんくいろ)白い(しろい)斑紋(はんもん)
    (うえ)伸び(のび)ている上唇(うわくちびる)(ちゅう)(あか)っぽい2つが雄しべ(おしべ)その間(そのかん)柱頭(ちゅうとう)がある。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

  • 蕚や(つと)には長毛(ながもう)生える(はえる)
    この集まり(あつまり)がキツネのシッポに例え(たとえ)られた(?)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

  • 明るい(あかるい)草地(くさじ)群生(ぐんせい)している。
    ツルマメやツユクサが混生(こんせい)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

  • ()対生(たいせい)し、楕円(だえん)(がた)から(たまご)(がた)
    フチに低い(ひくい)鋸歯(きょし)があるか(ぜん)(えん)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

  • ()(うら)両面(りょうめん)にまばらに()生える(はえる)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

  • (くき)には(りょう)発達(はったつ)し、まばらに()がある。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.8.15

キツネノマゴの特徴(とくちょう)

(なつ)終わり(おわり)ごろから道ばた(みちばた)草地(くさち)小さな(ちいさな)(はな)咲かせる(さかせる)光景(こうけい)がよく()られます。由来(ゆらい)諸説(しょせつ)ありますが、(くちびる)のような(はな)(かたち)()ぎつねの(あたま)とするもの、長い(ながい)花穂(かすい)をキツネのしっぽに見立て(みたて)たとするものなどがあります。(まご)という名前(なまえ)から派生(はせい)して、キツネノメマゴやキツネノヒマゴという(きん)(えん)(しゅ)南西諸島(なんせいしょとう)以南(いなん)自生(じせい)していたりします。
 
タイプ:キツネノマゴ()(いち)(ねん)(くさ)
大き(おおき)さ:(たか)さ 10-40cm、(はな)(なが)(やく)5mm
(はな)時期(じき):8-10(つき)
生育(せいいく)場所(ばしょ)路傍(ろぼう)草地(くさち)(はやし)(ゆかり)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)九州(きゅうしゅう)