コブシ

(はる)のおとずれを告げる(つげる)真っ白(まっしろ)(はな)

コブシの特徴(とくちょう)

早春(そうしゅん)()いっぱいに咲く(さく)白い(しろい)(はな)はとても目立ち(めだち)ます。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(さき)(ほう)まで太い(ふとい)(えだ)多く(おおく)独特(どくとく)のゴツゴツした感じ(かんじ)()です。

  • 枯れ(かれ)()咲く(さく)白い(しろい)(はな)はとても目立つ(めだつ)
    写真(しゃしん) / 2011.4.2 千葉(ちば)()若葉(わかば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) (さこ)一慶(いっけい)

  • (まち)でもよく植え(うえ)られ、春一番(はるいちばん)真っ白(まっしろ)(はな)目立つ(めだつ)
    写真(しゃしん) / 2021.3.16 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

  • (なつ)姿(すがた)
    写真(しゃしん) / 2020.8.2 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

  • 冬枯れ(ふゆがれ)姿(すがた)(えだ)がゴツゴツしている
    写真(しゃしん) / 2017.3.11 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

()

()は、揉む(もむ)香り(かおり)がします。

  • 写真(しゃしん) / 2020.8.2 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

(はな)

早春(そうしゅん)(もり)真っ白(まっしろ)(はな)はとても目立ち(めだち)ます。(はな)独特(どくとく)香り(かおり)がします。

  • (もり)明るく(あかるく)する白い(しろい)(はな)
    写真(しゃしん) / 2018.3.18 千葉(ちば)()若葉(わかば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) (さこ)一慶(いっけい)

  • 早春(そうしゅん)(もり)では一際(ひときわ)()引く(ひく)写真(しゃしん)日本海(にほんかい)(がわ)分布(ぶんぷ)するキタコブシ)
    写真(しゃしん) / 2011.4.2 新潟(にいがた)(けん)長岡(ながおか)() MayaN

  • 一つ(ひとつ)一つ(ひとつ)がモクレンと()大きな(おおきな)(はな)
    写真(しゃしん) / 2015.3.21 千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() MayaN

  • (はな)後ろ(うしろ)にはピロっと()(いち)(まい)ついている(ついていない(はな)もある。)
    写真(しゃしん) / 2020.3.30 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

()

(こぶし)(こぶし)のような面白い(おもしろい)(かたち)()がなります。熟す(じゅくす)(なか)から真っ赤(まっか)(たね)()てきて(いと)引き(ひき)ます。

  • 実は(じつは)握り拳(にぎりこぶし)のよう
    写真(しゃしん) / 2020.8.28 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

  • 実は(じつは)割れる(われる)(なか)から真っ赤(まっか)(たね)(かお)出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2020.10.6 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MayaN

  • (たね)は、(いと)がついていて、熟す(じゅくす)(いと)引い(ひい)ぶら下がる(ぶらさがる)のが()られる(とき)もある
    写真(しゃしん) / 2021.9.15 千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() MayaN

(みき)

白っぽい(しろっぽい)樹皮(じゅひ)です。(えだ)折る(おる)香辛料(こうしんりょう)のようなスーッとする香り(かおり)がします。

  • 写真(しゃしん) / 2020.8.31 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

冬芽(とうが)

毛皮(けがわ)のコートを()大きな(おおきな)冬芽(とうが)です。
(なつ)()から準備(じゅんび)して大きく(おおきく)なり始め(はじめ)ます。

  • 毛むくじゃら(けむくじゃら)大きな(おおきな)冬芽(とうが)
    写真(しゃしん) / 2021.2.28 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

  • (はる)になると(なか)から毛皮(けがわ)のコートを脱い(ぬい)(はな)(つぼみ)()てくる。
    写真(しゃしん) / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() MasakoT

  • 冬枯れ(ふゆがれ)した()(えだ)についている大きな(おおきな)冬芽(とうが)目立つ(めだつ)
    写真(しゃしん) / 2021.2.28 千葉(ちば)()(みどり)() MayaN

名前(なまえ)由来(ゆらい)

()が、「握り拳(にぎりこぶし)(にぎりこぶし)」のような(かたち)をしているので「コブシ」になったと言わ(いわ)れています。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

コブシハバチの幼虫(ようちゅう)集団(しゅうだん)()丸坊主(まるぼうず)にすることがあります。
ヒヨドリ、ムクドリ、カラスなどが赤い(あかい)()食べ(たべ)やって来(やってき)ます。また、ヒヨドリはつぼみや(はな)食べ(たべ)てしまいます。

タップすると詳細(しょうさい)()られます