()紹介(しょうかい)

サンショウ

実は(じつは)小粒(こつぶ)でもピリリと辛い(つらい)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

サンショウの()和風(わふう)ハーブの代表(だいひょう)選手(せんしゅ)です。
山椒(さんしょう)()食べ(たべ)られます。若い(わかい)実は(じつは)まるごと食べ(たべ)られます。熟し(じゅくし)実は(じつは)(たね)をのぞいて赤い(あかい)(かわ)部分(ぶぶん)(こな)にしてスパイスとして使い(つかい)ます。ともに食べる(たべる)(くち)(なか)がスースーします。
山椒(さんしょう)小粒(こつぶ)でもぴりりと辛い(つらい)」という言葉(ことば)は、山椒(さんしょう)()小粒(こつぶ)でもぴりりと辛い(つらい)ことからきています。「(からだ)小さく(ちいさく)とも才能(さいのう)力量(りきりょう)優れ(すぐれ)ていて、あなどれない」という意味(いみ)になります。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ1~5m。()低い(ひくい)()です。

  • 福島(ふくしま)(けん)桧枝岐(ひのえまた)(むら)/撮影(さつえい)MayaN/2020‎(ねん)‎8‎(つき)‎18‎()

()

(はね)(じょう)()です。手のひら(てのひら)でたたくと良い(よい)香り(かおり)漂い(ただよい)ます。

  • (はね)(じょう)()
    福島(ふくしま)(けん)桧枝岐(ひのえまた)(むら)/撮影(さつえい)MayaN/2020‎(ねん)‎8‎(つき)‎18‎()

(はな)

4~5(つき)(えだ)(さき)小さな(ちいさな)(はな)咲かせ(さかせ)ます。雌花(めばな)雄花(おばな)があります。

()

若い(わかい)実は(じつは)まるごと食べ(たべ)ます。熟し(じゅくし)実は(じつは)(たね)をのぞいて赤い(あかい)(かわ)部分(ぶぶん)(こな)にしてスパイスとして使い(つかい)ます。

  • 若い(わかい)実は(じつは)緑色(りょくしょく)丸ごと(まるごと)()食べ(たべ)られます。
    福島(ふくしま)(けん)桧枝岐(ひのえまた)(むら)/撮影(さつえい)MayaN/2020‎(ねん)‎8‎(つき)‎18‎()

  • (かわ)熟す(じゅくす)赤く(あかく)なり(ちゅう)から黒い(くろい)(たね)()てきます。
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

  • 山椒(さんしょう)若い(わかい)()佃煮(つくだに)市販(しはん)商品(しょうひん)
    撮影(さつえい)MayaN/2021(ねん)1(つき)29(にち)

  • 山椒(さんしょう)()佃煮(つくだに)市販(しはん)
    撮影(さつえい)MayaN/2021(ねん)1(つき)29(にち)

(みき)

(とげ)があります。(とげ)(えだ)同じ(おなじ)場所(ばしょ)から2(ほん)ずつ向かい合っ(むかいあっ)生え(はえ)ます。
すりこ木(すりこぎ)として使わ(つかわ)れます。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

サンショウはミカンの仲間(なかま)()です。ミカンの仲間(なかま)には、(はる)から(あき)、ナミアゲハ、クロアゲハ、ナガサキアゲハなどアゲハチョウの仲間(なかま)がよくやってきます。幼虫(ようちゅう)驚く(おどろく)とツノを出し(だし)、くさ~いにおいを出し(だし)ます。

  • ナミアゲハ成虫(せいちゅう)(大型(おおがた))(がい)(ちゅう)(いえ)周辺(しゅうへん)でもよく()られる

    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)()/撮影(さつえい)MasakoT/2018.7.12

  • ナミアゲハ幼虫(ようちゅう) 小さい(ちいさい)ときは黒く(くろく)てフンのよう
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)()/撮影(さつえい)MasakoT/2019.9.30

  • クロアゲハ(大型(おおがた)) 黒い(くろい)アゲハでは一番(いちばん)普通(ふつう)にみられる
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)()/撮影(さつえい)MasakoT/2018.8.22

  • ナガサキアゲハ(大型(おおがた))のメス しっぽのような()(じょう)突起(とっき)(びじょうとっき)がない。オスは真っ黒(まっくろ)
    千葉(ちば)(けん)成田(なりた)()/撮影(さつえい)MasakoT/2009.8.22