エサキモンキツノカメムシ

黄色(きいろ)のハートを背負う(せおう)カメムシ

  • お母さん(おかあさん)カメムシは、()(うら)飲ま(のま)食わ(くわ)ずで(たまご)守る(まもる)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2013.6.8

  • 成虫(せいちゅう)
    撮影(さつえい) NobuhiroY

  • (よこ)からみてもカラフル。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.6.7

  • 成虫(せいちゅう)(かお)
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.5.6

  • 幼虫(ようちゅう)お腹(おなか)模様(もよう)(かお)のようにみえる。
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.8.25

  • 交尾(こうび)(ひだり)がオスで、(みぎ)がメス。
    千葉(ちば)()稲毛(いなげ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.10.31

エサキモンキツノカメムシの特徴(とくちょう)

茶色い(ちゃいろい)(からだ)緑色(りょくしょく)縁どら(ふちどら)れ、背中(せなか)黄色い(きいろい)ハートの(もん)があるカメムシ。メスは(たまご)幼虫(ようちゅう)保護(ほご)する習性(しゅうせい)持ち(もち)子育て(こそだて)()(おや)(なに)食べ(たべ)ません。 
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)11~14㎜ 
食べ物(たべもの):ミズキ、サンショウ、キハダなどの() 
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)全国(ぜんこく)

エサキモンキツノカメムシの()られる()