ウンモンスズメ

緑色(りょくしょく)迷彩(めいさい)(がら)がかっこいいガ

  • 緑色(りょくしょく)大きな(おおきな)ガ。とまると三角形(さんかっけい)
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.5.3

  • 幼虫(ようちゅう)緑色(りょくしょく)で、背中(せなか)側面(そくめん)(せん)がある。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.10.1

  • 若い(わかい)幼虫(ようちゅう)。しっぽのような()(かく)(びかく)が目立つ(めだつ)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.10.1

ウンモンスズメの特徴(とくちょう)

緑色(りょくしょく)美しい(うつくしい)スズメガの一種(いっしゅ)(こう)ばねはピンク色(ぴんくいろ)。はねにモヤモヤした模様(もよう)があることから「(くも)(もん)(ウンモン)」と名づけ(なづけ)られたようです。幼虫(ようちゅう)(からだ)緑色(りょくしょく)で、背中(せなか)側面(そくめん)斜め(ななめ)(せん)特徴(とくちょう)。しっぽのような()(かく)(びかく)は(あか)っぽいです。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)65~80mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はケヤキ、アキニレなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

ウンモンスズメの()られる()