トサカフトメイガ

幼虫(ようちゅう)()をつづり大きな(おおきな)()をつくる

  • (なつ)にあらわれる成虫(せいちゅう)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MichiyoM / 2012.7.4

  • 幼虫(ようちゅう)(くち)から(いと)出し(だし)()をつづる。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.8.6

  • 小さな(ちいさな)幼虫(ようちゅう)は、集団(しゅうだん)()食べる(たべる)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.8.13

  • 幼虫(ようちゅう)は、大きく(おおきく)なると背中(せなか)はオレンジ(しょく)黒い(くろい)(おび)がある。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.8.6

  • 幼虫(ようちゅう)大きく(おおきく)なると単独(たんどく)行動(こうどう)(3~4cm)。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.8.6

  • ()産みつけ(うみつけ)られた(たまご)
    (さかな)(うろこ)のように並び(ならび)美しい(うつくしい)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2022.7.3

トサカフトメイガの特徴(とくちょう)

初夏(しょか)姿(すがた)をあらわすガ。(なつ)幼虫(ようちゅう)()(いと)でつつりあわせ、ハンモックのような大きな(おおきな)住み(すみ)かを作り(つくり)ます。その(なか)で、幼虫(ようちゅう)集団(しゅうだん)になり()食べ(たべ)つくします。幼虫(ようちゅう)大きく(おおきく)なるとオレンジ(しょく)(くろ)(おび)になり、単独(たんどく)行動(こうどう)します。(どく)はありません。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)33~41mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はウルシ()(ヌルデ、ハゼノキなど)、クルミ()(オニグルミなど)の()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):6~8(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)