フタテンシロカギバ

清楚(せいそ)感じ(かんじ)のきれいなガ

  • 白い(しろい)はねに、黒い(くろい)(てん)(なみ)(がた)(せん)がある。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.5.17

  • ()(うら)によくとまる。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.5.12

フタテンシロカギバの特徴(とくちょう)

ミズキにやって来る(やってくる)カギバガの一種(いっしゅ)(ぜん)ばねに2(たい)あるいは1(たい)黒い(くろい)(てん)があります。カギバガは(ぜん)ばねの(さき)がカギ(じょう)曲がっ(まがっ)ているものが多い(おおい)ですが、これは丸い(まるい)です。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)22~31mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はミズキ、クマノミズキなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

フタテンシロカギバの()られる()