ヨコヅナサシガメ

白黒(しろくろ)のフリルが立派(りっぱ)なサシガメ

  • (しろ)(くろ)のしま模様(もよう)のフリルが特徴(とくちょう)(かお)細長い(ほそながい)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.5.1

  • 長い(ながい)口吻(こうふん)(こうふん)を普段(ふだん)折り曲げ(おりまげ)ている。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.6.7

  • 羽化(うか)最中(さいちゅう)。まっ(あか)だが、だんだん黒く(くろく)なる。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.4.30

  • 幼虫(ようちゅう)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.3.22

  • カメムシに口吻(こうふん)刺し(さし)て、体液(たいえき)吸っ(すっ)ている。
    千葉(ちば)()稲毛(いなげ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.10.31

  • 5(よわい)幼虫(ようちゅう)(みき)のくぼみで、集団(しゅうだん)越冬(えっとう)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.12.7

ヨコヅナサシガメの特徴(とくちょう)

サシガメは肉食(にくしょく)(せい)のカメムシの仲間(なかま)で、口吻(こうふん)(こうふん・細長く(ほそながく)伸び(のび)(くち)器官(きかん))を昆虫(こんちゅう)刺し(さし)体液(たいえき)吸い(すい)ます。ヨコヅナサシガメは大型(おおがた)で、広がっ(ひろがっ)白黒(しろくろ)のしま模様(もよう)横綱(よこづな)化粧(けしょう)まわしに()ていることから、ヨコヅナと名づけ(なづけ)られたようです。公園(こうえん)などの大きな(おおきな)()(みき)のくぼみや(ほら)にすんでいます。大陸(たいりく)からの外来(がいらい)(しゅ)考え(かんがえ)られています。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)16~24mm
食べ物(たべもの)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)(関東(かんとう)中部(ちゅうぶ)以西(いせい))

ヨコヅナサシガメの注意(ちゅうい)(てん)

(ひと)刺す(さす)ことがありますので、触ら(さわら)ないでください。