()紹介(しょうかい)

アラカシ

常緑(じょうりょく)(もり)主役(しゅやく)ともいえる()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

(しま)模様(もよう)帽子(ぼうし)のドングリが実る(みのる)()です。
()のギザギザが粗い(あらい)ので(ほぼ)(かし)(あらかし)と名前(なまえ)がついた(せつ)があります。
人間(にんげん)住む(すむ)(まえ)は、日本(にっぽん)本州(ほんしゅう)常緑(じょうりょく)(もり)主役(しゅやく)()だったと言わ(いわ)れています。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

()大きめ(おおきめ)で、()全体(ぜんたい)がうっそうとした感じ(かんじ)がします。

  • ()大き目(おおきめ)のドングリの()
    大阪(おおさか)()吹田(すいた)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.5.27

  • 崖っぷち(がけっぷち)でも生き抜く(いきぬく)アラカシ
    山梨(やまなし)(けん)大月(おおつき)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.3.22

()

()厚み(あつみ)があって光沢(こうたく)があります。
ふちのギザギザが目立ち(めだち)ます。

  • 東京(とうきょう)()武蔵村山(むさしむらやま)()/撮影(さつえい)MayaN/2021.2.6

(はな)

雌花(めばな)雄花(おばな)があります。
雄花(おばな)はひも(じょう)沢山(たくさん)咲く(さく)ので目立ち(めだち)ます。
雌花(めばな)極小(きょくしょう)見つけ(みつけ)づらいです。これが半年(はんとし)でドングリに成長(せいちょう)します。

  • (はな)時期(じき)終盤(しゅうばん)()大きく(おおきく)なってきた(ころ)
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

  • 雌花(めばな)小さく(ちいさく)見つける(みつける)のが難しい(むずかしい)
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

()

帽子(ぼうし)(しま)模様(もよう)のドングリです。(はる)(はな)咲い(さい)同じ(おなじ)(とし)(あき)実り(みのり)ます。

  • まだ(みどり)のドングリ
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.10.26

  • ドングリがたくさん実る(みのる)(えだ)もある
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.10.26

  • 熟し(じゅくし)たドングリ
    大阪(おおさか)()吹田(すいた)()/撮影(さつえい)MayaN/2018.11.10

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

ムラサキシジミは、はねを広げる(ひろげる)(あお)紫色(むらさきいろ)輝く(かがやく)きれいなシジミチョウで、(はる)から(あき)()られます。
幼虫(ようちゅう)はアラカシの(ほか)、シラカシやコナラなどの()食べ(たべ)成長(せいちょう)し、(からだ)から(みつ)出し(だし)アリを呼ぶ(よぶ)習性(しゅうせい)があります。アリは天敵(てんてき)からムラサキシジミの幼虫(ようちゅう)守っ(まもっ)ています。

  • ムラサキシジミ(小型(こがた)(ちょう)成虫(せいちゅう)(ふゆ)越す(こす)
    千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2019.7.21

  • ムラサキシジミ幼虫(ようちゅう) アリは幼虫(ようちゅう)守る(まもる)大切(たいせつ)なガードマン
    千葉(ちば)(けん)印西(いんざい)()/撮影(さつえい)MasakoT/2021.7.29

名前(なまえ)由来(ゆらい)

()のギザギザが粗い(あらい)→アラ
(ざい)固い(かたい)ので固し(かたし)→カシ