アオサギ

くちばしを器用(きよう)使う(つかう)大型(おおがた)鳥類(ちょうるい)

  • 日本(にっぽん)最大(さいだい)のサギ
    千葉(ちば)(けん)西(にし)印旛沼(いんばぬま) / 撮影(さつえい) FumioS / 2011.12.31

  • 千葉(ちば)(けん)千葉(ちば)() / 撮影(さつえい) TomokiN / 2022.1.4

アオサギの特徴(とくちょう)

背中(せなか)灰色(はいいろ)のもっとも大きな(おおきな)サギ。(くび)(あし)長く(ながく)、とがったくちばしで(さかな)などをとります。長い(ながい)(くび)をS()(じょう)曲げ(まげ)大きな(おおきな)つばさをゆっくりはばたかせて飛び(とび)、「グワッ」と大きな(おおきな)(こえ)鳴き(なき)ます。
 
大き(おおき)さ:ハシブトガラスよりもずっと大きい(おおきい)全長(ぜんちょう)93cm)
食べ物(たべもの)(さかな)など
()られる時期(じき):1(ねん)(ちゅう)
()られる場所(ばしょ)河川(かせん)海岸(かいがん)水田(すいでん)など