シロスジカミキリ

雑木林(ぞうきばやし)代表(だいひょう)する大きな(おおきな)カミキリムシ

  • 長い(ながい)触角(しょっかく)がかっこいい。大きく(おおきく)迫力(はくりょく)満点(まんてん)
    2012.8.7 / 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (かみ)切ら(きら)せている。
    (かみ)ではなく漢字(かんじ)書く(かく)と「髪切虫(かみきりむし)」とか。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (からだ)(よこ)白い(しろい)(すじ)がある。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT

シロスジカミキリの特徴(とくちょう)

黄色い(きいろい)(もん)散らばり(ちらばり)(からだ)(よこ)白い(しろい)(すじ)がある大きな(おおきな)カミキリムシ。幼虫(ようちゅう)はいろいろな種類(しゅるい)生き(いき)ている()内部(ないぶ)食べ(たべ)、3~4(ねん)かけて成長(せいちょう)します。成虫(せいちゅう)樹皮(じゅひ)()葉柄(ようへい)食べ(たべ)樹液(じゅえき)にやってくることもあります。(MT)
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)40~55mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はクリ、コナラ、クヌギなど生き(いき)ている()内部(ないぶ) 成虫(せいちゅう)樹皮(じゅひ)()()樹液(じゅえき)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​