オオベニシダ

ベニシダよりでかい…わけではない!?

  • 低地(ていち)林内(りんない)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    ベニシダよりも小さめ(ちいさめ)
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • ()(さき)
    やや(きゅう)細く(ほそく)なる。
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    表面(ひょうめん)はツヤがなくて()緑色(りょくしょく)
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)
    ここにベニシダ(けい)大きな(おおきな)特徴(とくちょう)がある。
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)()(じく)接する(せっする)下向き(したむき)(しょう)(はね)(へん)は、 となりの(しょう)(はね)(へん)同じ(おなじ)くらいで、 小さく(ちいさく)大きく(おおきく)もない。
    ベニシダ小さく(ちいさく)オオイタチシダ大きく(おおきく)長い(ながい)
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)で、 やや(みゃく)寄り(より)につく。
    (つつみ)(まく)はCの(かたち)で、 ふつう紅色(こうしょく)にならない。 紅色(こうしょく)になるものは品種(ひんしゅ)ホホベニオオベニシダという。
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)基部(きぶ)
    中央(ちゅうおう)濃い(こい)茶色(ちゃいろ)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    ヒメイタチシダリョウトウイタチシダといい、 ミサキカグマ遺伝子(いでんし)入っ(はいっ)ているものは鱗片(りんぺん)がツートンカラーになる?
    写真(しゃしん) / 2022.7.31 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • ()(じく)
    中央(ちゅうおう)濃い(こい)茶色(ちゃいろ)鱗片(りんぺん)がまばら。
    鱗片(りんぺん)基部(きぶ)(ふくろ)(じょう)にふくらまない。
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • (はね)(じく)
    鱗片(りんぺん)基部(きぶ)(ふくろ)(じょう)にふくらまない。
    ベニシダ(ふくろ)(じょう)にふくらむ。
    写真(しゃしん) / 2024.5.22 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    ()緑色(りょくしょく)で、 ベニシダのように紅色(こうしょく)ではない。
    茶色い(ちゃいろい)鱗片(りんぺん)覆わ(おおわ)れている。
    写真(しゃしん) / 2024.3.30 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() S.Ikeda

特徴(とくちょう)

都市(とし)公園(こうえん)にも多い(おおい)身近(みぢか)なシダ。 名前(なまえ)からいかにもベニシダより大きく(おおきく)なるかのような印象(いんしょう)受け(うけ)ますが、 実際(じっさい)にはむしろベニシダより小さい(ちいさい)ことが多い(おおい)です。 そのほかベニシダと違っ(ちがっ)て、 ()光沢(こうたく)がなくて()緑色(りょくしょく)っぽいです。
 
()(なが)さ : 40cmくらい
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 低地(ていち)林内(りんない)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)朝鮮(ちょうせん)中国(ちゅうごく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

ベニシダより小さい(ちいさい)理由(りゆう)

オオベニシダは遺伝子(いでんし)用い(もちい)研究(けんきゅう)から、 遠い(とおい)(むかし)ベニシダ(るい)ミサキカグマ雑種(ざっしゅ)起源(きげん)生まれ(うまれ)たと考え(かんがえ)られています。
 
ミサキカグマは()(ちょう)10~30cmくらいと小さめ(ちいさめ)で、 ツヤのない()緑色(りょくしょく)をしていて、 ()一番(いちばん)()(しょう)(はね)(へん)長め(ながめ)なことが特徴(とくちょう)です。 これを踏まえる(ふまえる)と、 オオベニシダがミサキカグマの遺伝子(いでんし)含ん(ふくん)でいることや、 ベニシダより小さい(ちいさい)ことに納得(なっとく)がいくかもしれません。