オビカレハ

幼虫(ようちゅう)(いと)大きな(おおきな)(まく)をはり集団(しゅうだん)生活(せいかつ)

  • (いと)作っ(つくっ)幼虫(ようちゅう)大きな(おおきな)住み(すみ)かは目立つ(めだつ)
    2012.4.30 / 東京(とうきょう)()江戸川(えどがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)大きく(おおきく)なると単独(たんどく)行動(こうどう)する。大きな(おおきな)幼虫(ようちゅう)(やく)6cm。
    2020.5.14 / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)()(いと)張り(はり)足場(あしば)固定(こてい)している。
    2020.4.19 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (たまご)(たまご)(ふゆ)越す(こす)
    2022.9.29 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

オビカレハの特徴(とくちょう)

カレハガの仲間(なかま)幼虫(ようちゅう)は、テンマクケムシ(天幕(てんまく)毛虫(けむし))あるいはウメケムシと呼ば(よば)れます。ウメやサクラの(えだ)に、(いと)でテントのように大きな(おおきな)(まく)をはって群がり(むらがり)ます。幼虫(ようちゅう)大きく(おおきく)なると分散(ぶんさん)し、単独(たんどく)行動(こうどう)します。幼虫(ようちゅう)(どく)はありません。(MT)
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)30~45mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はウメ、サクラ、モモ、ヤナギ、バラなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~8(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​