亀戸中央公園(かめいどちゅうおうこうえん) 基本(きほん)情報(じょうほう)

はなもく散歩道(さんぽみち)とは

散歩道(さんぽみち)」とは、 はなもく散歩(さんぽ)導入(どうにゅう)されている緑地(りょくち)指し(さし)ます。

樹名板(じゅめいばん)現在(げんざい)準備(じゅんび)(ちゅう)です>
亀戸中央公園(かめいどちゅうおうこうえん)は、 日立製作所(ひたちせいさくしょ)亀戸(かめいど)工場(こうじょう)のあったところを整備(せいび)したもので、 A・B・Cの3地区(ちく)分かれ(わかれ)ています。 また、 「サザンカの名所(めいしょ)」として親しま(したしま)れており、 近隣(きんりん)のみならず遠方(えんぽう)からも多く(おおく)(ほう)がいらっしゃいます。 樹木(じゅもく)(すう)(やく)2,950(ほん)、 9,300(かぶ)です。
A地区(ちく)は、 中央(ちゅうおう)広場(ひろば)時計(とけい)(とう)遊具(ゆうぐ)設置(せっち)され、 子供(こども)たちの格好(かっこう)遊び場(あそびば)になっています。
B地区(ちく)は、 夏場(なつば)には流れ(ながれ)のある人工(じんこう)()があり、 その周囲(しゅうい)憩い(いこい)広場(ひろば)となっています。
C地区(ちく)は、 運動(うんどう)広場(ひろば)として整備(せいび)され、 多目的(たもくてき)球技(きゅうぎ)広場(ひろば)、 テニスコートのほか児童(じどう)コーナーがあり、 子供(こども)たちの人気(にんき)集め(あつめ)ています。